Menu

一心泣き相撲とは

Home

一心泣き相撲とは

一心泣き相撲は日本の伝統行事を通じて、赤ちゃんとの思い出作りをお手伝いします。

参加にあたって、お客様に無用な混雑を避けていただくため、時間帯を30分ごとに分けて申し込みを受け付けております。
すべてのイベントをまわると約1時間ほどかかります。
参加条件は首の座っている、生後半年から二歳半までの赤ちゃんです。(女の子も参加できます)
赤ちゃんのお体に負担をかけないよう、会場内の空調には細心の注意を払っております。
会場内では禁煙をお願いしております。
安全を考え、防犯カメラを設置しております。あらかじめご了承ください。

背伸び太鼓でドンドドン

赤ちゃんに背伸び太鼓の上に乗ってもらい、太鼓の音で成長を祈願します。赤ちゃんが威勢良く太鼓を叩けば、きっとその子は大きく育つことでしょう。

緑児泣きたるは万歳楽

化粧廻しを締めて、力士に抱かれて土俵に上がります。
赤ちゃんの泣き声を競う「泣き相撲」ですが勝敗は付けません。
両者の泣き声に合わせて行司が『 緑児泣きたるは万歳楽 』と健康と成長を祈願します。

写真コーナー

金襴の化粧廻しを締めた赤ちゃんはいつもよりずっとたくましく見えます。
写真コーナーを設置しておりますので、存分に記念写真をお撮りください。
コーナーにはご家族ごとに写真台と照明を用意しております。
(イベント会場のみ)

記念手形

赤ちゃんの四股名と、力士の手形(輪郭線)が印刷された色紙です。
朱墨を用意しております。
赤ちゃんの手形を押してください。

一心泣き相撲実行委員会

設立者

石丸 幸代 (Ishimaru Yukiyo)

代表・実行委員長

湯泉神社 別所 敬介 (Bessho Keisuke)

住所

〒651-1401
兵庫県神戸市北区有馬町1908  湯泉神社内 一心泣き相撲事務局
TEL:078-903-5488

お問い合わせ

お問い合わせはFAX又はお問い合わせフォームにて受け付けております。
FAX:078-903-5475
受付 : am10:00~pm4:00 (土日・祝祭日除く)

協賛団体

湯泉神社 HP
フォトクリエイト ヨイショット!

特別協力

雪ヶ谷八幡神社 HP
神鳥前川神社 HP
白旗神社 HP
亀ヶ池八幡宮 HP
杉山神社・横濱水天宮 HP
比々多神社 HP
居木神社 HP
有間神社 HP
富岡八幡宮神社 HP
葛西神社 HP
蒼柴神社
市原稲荷神社 HP
八多神社
國領神社 HP
駒繋神社 HP
森戸大明神 HP
熊野宮 HP
上地八幡宮 HP
石神井氷川神社 HP

一心泣き相撲実行委員会 設立者 挨拶

少子化が懸念され核家族が増えている昨今、世代を越えて交わる環境はどんどん減ってきています。
そのことが若い人や年配者に淋しさを感じさせる一因となっていると感じていました。
そこで赤ちゃんを中心に親も祖父母も一緒に楽しめる場を作りたいと思い、家族の交流と赤ちゃんの成長を祈願する「一心泣き相撲」の開催に乗り出しました。
赤ちゃんを「わざと泣かせる」という非日常の行為が、お祭りの場にあっては元気に育つ祈願となります。私にも3人の孫がおります。それぞれに違う個性を持っていますが、どの子もかわいくてたまりません。
赤ちゃんと祖父母の係わり合いは若い両親にも穏やかさを感じさせ、子育ての緊張感を緩めてくれるのではないかと思います。
赤ちゃんの成長を願い、家族全員に思い出深いひとときを過ごしていただけることを心から願っております。

石丸 幸代
~Ishimaru Yukiyo~
経歴
1966年3月 大阪市立大学文学部卒業
2004年3月 兵庫県立こやの里養護学校教員 定年退職